関西『兵庫・奈良アイスクライミング環境』考察
『大阪わらじの会』が報告した大峰・大普賢岳、周辺の氷の谷の記録から、奈良県・山域での本格的なアイスクライミング・エリア&ル−トの開拓が、始まったと考えられる。吉岡氏、達の記録に先立つ『記録』も幾つか、散見していたが地域・山域研究では『わらじの会』に対抗できるクラブは、当時の関西周辺には存在していなかった。
やはり、発見・開拓の諸端を担った、先輩達には敬意をはらいたい。
岩盤・滝部分に形成される不安定な氷は、アイスピトンでの確実性の高いプロテクションや安定した立木や潅木での、支点を取るのを困難にしている。氷そのものに、強度が期待出来ない場合が多いので、クライミング中に苦労して支点を、多く取る努力を行うよりは素早く、危険箇所を突破した方が良い場合も多い。湿雪が乗ったカリフラワ−・アイスのコブも、あまり大きな圧力には絶えられず加工・支点として役立つパタ−ンも少ない。
『全地球的な温暖化・現象』を否定する、学術的な意見も聞かなくなって久しい。
日本国内での雪山・アイスクライミング環境の変化に敏感なクライマ−で、70年代の後半・時期から本格的な雪山・アルパインクライミング志向の活動を続けている者には、その自然環境の変化は痛切に感じていて、80年代の後半からの特に氷瀑の状態やアイスクライミング・ル−トの状態や氷結・期間の違いには、大きな差がある事も理解している。ここに、例として紹介している私の開拓・初登ル−トも、年々その「ル−ト」としての氷の状態が悪くなっていて、毎年・何かしら観察する機会には恵まれているので『関西アイス・エリア』の、変化を観察するのには適したル−トです。グレ−ドに関しての、判断材料は使用している各種ギア類の進歩にも助けられているのと、ガイド業務として再訪・回数も多いル−トなので個人的に状況・変化で毎回体感グレ−ドも変る。
氷の『ブランク・セクション』を突破出来る技術に用具の使用で、以前ならば諦めていたラインを攻略・突破する事が可能となった。俗に大峰・氷瀑の悪さを表現する際に、取りざたされる『氷瀑・氷柱からの出口=エグジット』の悪さは、南北・どちらのエリアでも同じなのでミックド・テクニックに代表される
『岩』も、こなせる力は重要な鍵となる。

一つ一つの、氷部が途切れていても、岩場を突破して登る事が出来れば純粋な氷瀑とは違った、更に技術的には困難な『課題』を、設定する事は楽しめる。そういった方法を逃げずに、積極的に推し進めると可能性が大きく広がり、更に過激な氷のブランク・セクションを岩から接続して可能性が見えるラインも開拓が可能となる。
幸いな事に、これまでの私が取り組み、開拓に着手した15年間のエリア範囲では充分に
『岩』の質が良かったので可能性は大きく広がっている。ボルトを積極的に使用した、次ぎのル−トも生れていくでしょう。

震災後の混乱時期に、少し時間的に私は空白があった。
クライミングとは別の『夢』に、全力を傾けていた期間の冬季にも、数年間のチャンスを逃しているとは、思うが別に惜しいとも思っていない。
救助活動中の怪我での回復期間と、その後の長いリハビリ期間は以前にも経験していた事なので、アイスクライミングから少しばかり、距離を置いていた時間には、失いかけていた本質的な自身のクライミング・スタイルへの再起にも、強烈な意識集中が図れた。

『課題』情報は、開拓期の最も初期から多くは出さなかったのと、次々に新たな『課題』を発見
する機会に恵まれ、新しいアイスクライミングへの興味も、情報から触発されて生み出されていく環境の中で『違った視線』さえも、新たに獲得した。

記録的な価値とは別に、自分の求めている『挑戦対象』の、扱い方・利用方法にも少しばかり進歩が、あった。昔のクライミング仲間の多くは、完全に危険な要素を含むようなクライミングの世界からは、遠のいてしまい、完全完登の『コダワリ』を、純粋に理解して行動の中で、表現する事に価値を見出してくれる、仲間は存在しなくなった。
条件により2P目となる、このセクションの氷結状態は、標高が低い事もあって、よい常態に恵まれる事は少なく、全く体重を預けるだけの厚みや強度が形成されない場合も多い。

核心部の岩場は滝・ルンゼの特徴で水流により滑らかに磨かれているので、かなり丹念に探してもロック・ピトンでのプロテクションは取り難いので、最悪の部分を突破する際には集中力と、この種類のクライミング経験が必要だ。
(下・写真)シ−ズン最初の『野生の呼び声エリア』記録を『岳人』で、公表している。
同じ『場所・滝部』でも、年により全く状態が異なる。『八ケ岳』等の、ある程度の期間がアイスクライミングに適した環境とは違うので、状態の予測が重要となる。かなり『岩』でも、登れるが
近年、成長(形成)が著しく悪い『カリフラワ−畑』と呼んでいる中段・上の氷瀑。毎シ−ズン困難な『課題の変化を楽しめる』
詳細情報を「雑誌・記録」で公表したので場所は知られたが、毎年、他のクライマ−と出会う事は無い
岩溝・一部が急に狭くなったチムニ−に軟弱な氷が詰まり、湿った雪が覆う上段への抜け道を発見
上部・岩壁帯』右端に発見した岩溝・チムニ−部を『ブック・スタンド』
と呼んでいる。無理の無い、下段部からの継続ラインだが、中央と
左岩壁には、まだ少なくとも4本程度の面白そうなラインは開拓・可能2005年までに、一人で2本を追加。
『氷筍』が形成されるには、徐々に水が凍結する
環境が必要だと言われていて、アイス・クライミング
で私達が手を触れる『氷』にも、硬い氷で透明度の
高い「もの」ほど、寒冷地の寒気が継続的に続く場所
の物が多い。
逆に、期間範囲での温度差の振幅が大きく。
標高や条件が、揃いにくい関西の氷瀑エリアの氷は
大抵は比較的・短期間で急激に形成されて、降雨や
気温の急激な上昇が数日・続くだけで氷柱は自重で
崩落。

氷瀑も厚みが増加していても水流で溶け出す事が
多くて、短いシ−ズン半ばを前にしてコンデイション
が元に戻る事も珍しくは無い。

最も、氷結状態の悪い時にも最上部まで登った
経験を持っている。
殆ど、私以外のクライマ−が入谷する事は無いので毎回、岩のセクションのル−ト取りは変わる

04・05年の水害・台風による被害は、このルンゼにも大きな爪痕を残していて、大きな浮石や不安定なクラックが増えているので積雪や氷が存在しない状況でピックを岩に差込、コジル時には注意が必要。

アイスクライミングの為の必携装備で、他のエリア・ル−トと比べて特殊なギアが大峰に必要な訳ではない。
現代の標準的な装備と用具で既成ル−トは、楽しめるがプロテクションには幾つか『より安全性を求める上で』
持参・用意した方が良いと思える用具はあります。Vスレッドも私は改造タイプの専用・スクリュ−を頻繁に使用していますし、その他の用具や衣服にも『大峰向き』の装備で対応します。

2006/04/03 (月) 19:43:59

ピックを跳ね返す様な、硬い『氷面』に
出会うコンデイションは少ない。

寒気が継続して氷瀑の、形成・成長に
寄与する山域では無いので、シ−ズン中
の寒気の緩みや降雨の影響を受けやすく
長期間の氷瀑・状態の維持は難しい。
確実性の高い『止まるプロテクション』を
期待するのは、ボルト使用以外は困難。
まだ、このル−トには1本も使用していない
これからも、最初に設定したル−トでは
使用しないと思う。
最上部の岩壁に発達する、数本の開拓が
可能なラインには、条件次第でボルトの使用
が、必要となる可能性は高い・・・・
『アイス・クライミング』は本質的に『危険』な要素を多分に含んだ『遊びです』
必要な『安全・確保の為の能力』と危険を、回避する知識と技術が必要です

私の『記載・情報』が、安全を保障するものではありません。
気温の上昇が端的に『危険・要因・要素』に影響する
環境だと思います。

最も『危ない現実』は巨大な氷瀑・氷塊の自然落下で
凄まじい衝撃・反響音を響かせて突然、頭上から落下
して来る恐怖は体験しなければ本当の危険は理解でき
ないでしょうが、岩壁との接合部に切れ目や顕著なクラック
が見えたら、直下に入るのも止めた方が無難です。
そういった状態でも登れる可能性や挑戦対象として見る
立向かう『自由』は、ありますが・・・・・


経験が乏しいと思うなら引き返すのが妥当な判断です。
80年代、後半時期には在阪の数社の新聞社や一部の、情報誌に『大峰・大普賢岳』周辺での本格的な『アイスクライミング』の、発見から続く挑戦を、情報として紹介した。90年代の後半時期からは、特にテレビ関係での、よりリアルな映像での『関西でのアイスクライミング』現場を、紹介する事が増え出した。震災・前後から、ガイド業務の中で、関西風『お笑い系・番組』の中での、ガイド出演や、番組・企画へのサポ−ト業務の増加と、関連するメディアからの要望・要請での情報の提供と、各種・専門的なコ−ディネ−トにも携わる機会が増加していた。『関西・山と渓谷社』からの、幾つかの発行書籍や情報誌への、執筆は個人的に長い付き合いの、友人からの要望に応えたものだ。基本的に、クライミング関係の、情報・雑誌からの依頼には93年頃から、一切・応えていない。
アプロ−チの短縮を優先させての『稜線からの下降』この手段での、目的の課題への挑戦は、アイスクライミングとしてだけを考えれば、時間短縮・労力の軽減で有益だろうが、私個人は一切・利用した事の無い方法だ。クライミングとは、下から上に攀じるのが基本的な行為だと信じているし、僅かな例外はあるのだが、その必要性を、この山域では正直・容認しようとは私は考えなかった。
誘惑は確かにあったが、行動には移さない。
選びたければ、自由でしょう。
『フォ−ル・ナンバ−』に、初めて大峰の凍る谷の情報が出た頃には、、多くのクライマ−の視線は身近な『関西の山々』に注がれる事は無く、『情報』が出てからも、大峰範囲で本格的な『アイス・クライミング』を実践しようとするクライマ−は中々、表れなかった。それでも、クチコミ情報の範囲で『八ケ岳の氷瀑』に匹敵する、氷が奈良県の山奥には存在しいるらしいと言う『噂』は、ごく少人数だったが登攀意欲を刺激していた。

いつ誰が、最初の『発見と初登』を行うかという、他の山域でならば当然の話題が多くのクライマ−の間で、交わされることも無く『大峰』での、本格的な『アイスクライミングの挑戦』は、静かに開始され出した。当時の記憶には、私に関しては初期の探査・開拓時期に『先行者のラッセル跡』を、踏むという経験は無くて、私の記録が『朝日新聞・紙面で紹介』されてから、徐々に私の仲間・以外の、入山者が踏んで行ったと判る痕跡を見るようになっていた。86年には年明け最初の大峰で、最近、踏まれたばかりのラッセル跡を見つけていた。この時の先行者は『地獄谷左俣・右ルンゼ』に入って、『ワサビ谷ム−ン・リバ−』を始めて、登攀した。大阪私大山岳部の尾形・大阪私大山岳会OBの青島・両氏は核心の100mmスケ−ルの氷柱と氷瀑帯を突破して『グランド・イリュ−ジョン』と命名した。
1986年1月の記録は『岩と雪N115』で紹介されている初登は『尾形・青島』で、惜しくも最上部の左俣の氷柱は条件が悪く、完登を逃している。
大普賢岳・側の最新『課題』と同じく、それ以上に『小普賢岳』の『課題』は、可能性が高い
『岩から氷柱』への、ル−ト開拓の可能性は、岩質の比較から考えても・・・・似たような
ただし、ここでは『開拓』範囲と、取り組める課題は多いように感じる。
山頂、稜線を含んで最下部の氷瀑からの『継続ライン』の、可能性は2008年、現在でも『課題』として、残されている。周辺での活動が最も活発だった、一時期はアプロ−チの短縮を目的に、稜線からの下降で上部・未登の『氷柱・氷瀑』を、攻略したクライマ−が記録を公表している。
完全『継続』や、各ル−トを困難度から逃げずに連続する、活動は記録として見ていないので『夢の続き』は、まだ、幾らでも残っていそうだ。
『初見で、迷い易い地形』と言われているので、この『空撮・写真』を利用して
貰えると思う。各枝沢に迷い込まないように、上部の氷の位置と、左右の岩尾根との、関係を確認しておくと良いでしょう。
82年から、運良く、連続的に『関西・山山域』で、こんな氷に出会えていている。
『完全結氷』の機会を、つかむのが年々と困難になって来たが、数年に一度は
80年代の初期に体験したのと、同じ様な条件に出遭える。標高による条件にも
差異があるが、車道から近い東面という環境でも、意外な『穴場』が存在している。一端、緩んだ寒気が急激な低気圧の接近で、強烈な『寒気・流入時』に得難いチャンスが訪れる場合は、逃さない方が良いだろう。『爆弾・低気圧』接近の気象予報を、有効に利用できた条件下に、『夢の続き』が適う可能性は高い。
                     グッド・ラック
取り付から『稜線』へ、抜け出れる最後の12mほどの『極薄氷壁』を、途中まで登攀して一歩ごとに崩れ落ち、全くプロテクションが取れない状態に陥り、墜落敗退を覚悟しながら最後の数メ−タ−を睨みつけて、必死のクライム・ダウンで無事に帰還。それ以来、何度も残して来た『課題・宿題』に挑んでいるが、条件に恵まれない。来年の冬にはと想いながら・・・・
この『ブック・スタンド』と呼んでいる、上段への唯一の登路を発見してから、数度は同じ体験を重ねているが、ここも年々と条件が悪化している。
たった一晩の『降雨と気温の上昇』で、翌日の午後には『条件は激変』する
春先と夏前の『無雪期』にも、メディア関係からの要請ガイド業務でこの周辺を、ヘリコプタ−同乗で『空撮』する、機会に恵まれた。
中間部の安定した『横断バンド』への、簡単で安全なアプロ−チを毎回、下降用として利用しているが、数回・その下降路を、登りに使用して『ガイド企画』で上部の氷瀑帯を利用している。同じく『本格的な実践レスキュ−講習』の、場としても利用しているが条件の良い時には、関西での最も講習・効果の高く、効率的で安全性も確保・可能な『最適地』として、利用が可能な場所だろう。
『メディア関係の同行取材』で、2回この氷瀑帯で開拓したラインは、上部への突破箇所が核心部となる。左端のラインは、不思議なほどに毎回『氷結状態』が違っていて、出口付近の氷が岩盤から浮いている条件時が、最も危険な条件と思われる。大量の『降雪時』にも、左端ラインに落雪が集中するので不安定な状態でのクライミングと、終了点・付近でのアクシデントは致命的となるので注意が必要。『大普賢岳』範囲で『氷柱』が、未発達な場合でも何故か?この氷瀑の形成状態が良かった『シ−ズン』が数回あって、その辺りも大峰山域の不思議さだ。
講習適地として『関西山域』では、得難い場所だ
標高的に考えて、条件も決して良くは無いのだが
下降路からアプロ−チを、図ればアイス初心者に
体験の機会を、提供するのに最適地。
2009年 正月1日からの降雪が、この地域としては近年では稀に、連続していて1月13日も前夜からの降雪が続いていて、積雪量は珍しく多い。林道は早朝の先行車両の轍が無くて、いつものUタ−ン・ポィントまで、かなり強引な走行を強いられた。しかし、今期も『狙っている氷柱』は、やはり、と言うべきか?全く形成されていなかった。秋の降雨・水量が不足したのか?上部の環境が激変した可能性も疑ってしまう。
2009年1月 条件的に北側の大普賢岳の氷瀑は昨冬に引続き、コンディションは早くから良くなっているのだが、北に位置する、このエリアでは唯一、この氷瀑が条件が形成され出した。アプロ−チに少し、問題が生じる可能性があるので走行には注意する必要があるが、中段は充分にクライミング可能だった。