ワ−ト・ホッグに代表される当時の
『打ち込みタイプ』のアイス・ピトンの多くは、先端部にかけて尖り、螺旋心棒に小さな、段差・突起が・付けられた単純な形状だった。

原型は高品質なステンレス鋼材を使用した(旧)シュィナ−ド社・製品で歪みが生じ難く、打撃がスム−ズで他の、模造品よりも氷の割れも少なかったが高価で、かつ入荷量も少なかった。
アイスクライミングに必要な用具は目的とスタイルにより選択すべきでしょう
現代の進化・発展した『アイスクライミング』に必要な用具は洗練化・特化した専門的な『用具』として、多種類・専門化して来たので選択の幅は広がり
用途により選択できるが、初心者には選択方法には注意が必要。
1999年、仏の『登山専門店』のディスプレ−。これらのモデルも現在では、やや旧式モデルと呼ばれる
GUIDI IMPRESSION ICI AXS『2005〜2006』
GRIVEL 『MONSTER』
CAMP 『AWAX AXS』
SIMOND 『ANNACONDA CUP』
1970年から氷雪の山の魅力に魅せられているので
貧しい時代からも、当時としての先端・最新【用具】は
必要としていた。

まるでワイン瓶のコルクを抜く為の
用具の様な針金タイプの、頼りないアイス・ピトンから
カ−ブも無ければ、実用的なアイスクライミングには
耐えないような国産ピッケル(アイス・アックス)や使用
には忍耐しか方法が見つからなかった、アイス・メス等
の用具も今となれば全てが、懐かしい。
アラスカ土産のオリジナル・本物【完全調節タイプ】
のシュィナ−ド・クランポウが『タニ・アイゼン』の次
に履いたアイゼン。恵まれていた
3代目は当時・最も愛用者が多かった『サレワ』の
プレス・タイプの12本爪で、合計6台も買い換えて
は使用していた。
初期に使用していた『最初のパイプ・スクリュ−』
ピトンは、先端の歯が2箇所で硬い氷に食い込
ませるのは至難の業。
使う『用具の性能』で叶う『夢』も違う。改良・発展、進歩が際限なく続く、このジャンルの用具は
使う、楽しさを最も体感的に感じられる『物』だが、素晴らしい製品・用具には美しさも秘めている。
これから、本格的に『アイス・クライミング』を楽しみたいと考えられ
ている方なら、購入時期に入手が可能な、出来る限り最新のタイプ
モデルを選ぶのを、お薦めします。バ−ゲン品の、錆が浮き出ている
ような特価品は、確かに魅力的であり、財布には優しいが・厳しい氷雪の現場では僅かな金額を惜しんだツケは、かなり厳しい。

製作進行中