アイスクライミング入門者に適した『装備と用具』
『アイスクライミング』を、マニュアル本や技術書から学び、実際の現場で体験する事は、不可能では無いが
『雪山の基本から、学んだ方が』より、安全で楽しい。
誰でも、指摘・アドバイスする事だろうがアイスクライミング
入門者には、両手に持つ『アックス類』は、可能な限り軽量
なタイプを選択・購入すべきでしょう。

軽いアックスだと、振り易いが硬い氷では、はじき返される
とか、力が身に付いてきた時に、重量が不足するといった
意見も、聞かれますが『重量バランス』に、関しては後付け
(オ−プション)でヘッド・バランスに関しての重量は変化さす
事が、現在のアックス類では大抵は可能だから、それほど
気にしなくても良いと思います。


振りバランスに優れた、軽量タイプの使い方や、慣れで
殆どの、場合は問題無く対処する事が出来るように、なる
でしょうから。最初の2本、もしくは1本を購入するならば
最新の『モノ』を、選ぶのが最良の選択。

バ−ゲン品などの(旧モデル)特価・売り尽くし・の宣伝に
誘惑されそうになったら、良いものは、それなりの価格でしか
入手できない事を思い出して。
最新モデルの説明書を熟読しましょう。
『兼用やオ−ル・ラウンド』の説明に注意しましょう。
万能タイプと呼ばれる、登山用具やクライミング・ギアに関
してはオ−ル・ラウンドと言う名称は、一般的に考えても
技術的な問題を考えても、初心者の選択肢には避けたい
用具です。

何にでも、使える。それは逆に考えれば、何かの目的には
使い難いと言う事でも、あります。

必ずしも特化した専門的で特殊な用具が全ての面で、優れて
いるとか良いとは言えませんが、アイスクライミングに関しても
目的に合わせた用具が良いのは当然で、歩きにも使い易く、
アイスクライミングにも使える。

この範囲の説明の中には、良く吟味しなければ、ならない
部分が、多いのでアイスクライミングを楽しみ、技術的な上達
を望むのであれば、兼用タイプは最初から避けた方が無難で
す。特に「アイゼン=クランポウ」に、関しては、こういった部分
での注意が必要です。
(八ケ岳・裏同心ルンゼ・ル−トにて実践ガイド講習)上・写真のタイプで、レベルアップの段階で本物のル−トでの、勇気を出してのリ−ド・クライミングに挑戦は、サイド位置から絶えず、担当プロガイドからの指示やアドバイスが受けれて、物理的にも危険な場合に手助けが可能なので、ある一定のレベルと時期からはトップ・ロ−プ練習から離れて、最も実践的で『自分の本当の技術・能力』を向上させる方法。

下や、上からの現場・把握に欠ける状態からの「指示やアドバイス」では、ないので講習・受講者の安心感は強く、事前の講習での積み重ねから得られた『信頼関係』にも左右される。
『リ−ド・クライミングでのル−トからの稜線・山頂』は、得難い体験として記憶にも残るでしょう。
『アイスクライミング』に関わる、殆ど全ての用具類の名称は登山史
とは別の、日本の近代史の中での友好国・敵国などと言った、馬鹿な
歴史的な区分や区別で別けられていた、時代背景と共に世代に関わ
る用具類の使用・年代と言った背景で、少し用具類に関しての混乱を
残している。
(例)一端は例えば『アイゼン』は正式には『シュタィク・アイゼン』これは
ドイツ語・表記で、日本では略して『アイゼン』と呼ばれていたが、今現在は英語の『クランポウ』と呼ぶ機会が増え出した。理由の一つには最近の用具関係を知る「カタログ類」や「クライミング雑誌」での説明に紹介される表記・名称が『アイゼン』を使用しなくなったからだ。

同じ様に少し前ならば、広く一般的に『ピッケル』と呼び習わされて来た
用具も、現在では『アックス』と称される例が急激に増えて来た。しかし
これも本来は正式に『アイス・アックス』と表示しなければ、単に斧としか理解されない場合も多い。『マクドナルド』が『マック』や『マクド』になり略する事が一つのスタイル化しているのが『若者文化』と呼ぶ著名人
さえ存在していて、そういった短縮後の使用を誰もが?認めている様な社会的な風潮を、クライミングや登山も受け入れているらしい。
『アイスクライミング』は、文字通り『クライミング・ジャンル』で、確立された行為で、現在では人工的な野外施設でも、冬季の自然条件から得られる以外に、人工的な『氷』と、シュミレ−ション利用が可能な『壁』をも、組み合わせて、手軽に楽しめる場さえも登場している。隣国の韓国には、近年『室内アイスクライミングの場』さえ登場した。
厳冬期の一時、奥深い渓流・渓谷を登り詰め、ラッセルに苦労し、雪崩の危険性や雪庇の崩落にも、注意しながらのルンゼの中に、挑戦対象を求めていた時代と『今・現在の環境』は、大きく変化しているが『基本的な実践場所』は、そういった環境・利用の変化が進んでも、やはり『山の中』へ向うだろう。

人工的な『場』が、これから増えたとしても、そういった人工的な『場』が、自然の中で生み出されては消えて、翌年の冬に再び新たな姿を現す『氷』に、とって変わることは在り得ず、コンペティション(競技)や、練習場所としての価値が高まったとしても、『アイスクライミング』の実践場所は、必ず山に戻るのは確実。

そういった意味でも『純粋なアイスクライミング』も、現代的な志向性を求めた、フリ−クライミングの影響を強く受けて、発展・進化し続ける将来の『アイスクライミング』も、登山の中での行為、すなわち大きな意味での『登山活動』としての、危険性の回避や防御、そういった『登山』の、中で要求される知識と技術に、それらに付随して使用される各種『用具と装備』にも、学ぶ事が多いと言うことだ。

しかし、野外・室内を問わず簡単に『氷に触れられる環境』は、必ず日本国内でも増加すると思われる。
韓国では、都市部に本格的な『インドア・アイス壁』が、早くも登場していて日本との環境の違いはあるが野外
の自然の環境を、改造して『アイスクライミング』が実践できる『場』も、増加している。
『コンペ/競技』指向の方向性から、考えれば本物の『氷』が、絶対に必要だとも言えない。半人工の氷を作り
各種の工業的な手段を講じれば、現代のアイスクライミングは可能となるだろう。
用具と共にクライマ−自身の、意識も変化して行くだろうから、こういった流れが悪いとは言えない。
こんな事を、考えながら『アイスクライミングの場』を、予測していると2006年・現在で野外だが八ケ岳の
『アイスキャンディ』タイプに似た、野外のアイスクライミング専用の『営業壁』が、また一つ誕生しそうだと言う
情報が入って来た。この種の情報は、北海道などでならば立地条件から可能性は高いが、他・地域では、まだ
本格的な設置には集客や、交通網、宿泊・飲食利用の問題などを含めて、様々な問題を解決する必要を感じ
成功するのには、かなり工夫と努力が必要だと考えられる。

個人的には、成功を祈ってはいる。『場』の誕生は期待でき、評価は高い。