基本の個人装備『生活・露営』に関する用具類
個人が使う「生活・露営(キャンプ・ビバ−ク)装備は、目的で実に多種類のタイプから、選択できる環境になって来ました。例えば、シュラフ(寝袋)関係の基本も以前とは違い、200gを切る超軽量なシ−ツ・タイプやカバ−類に代表される簡易タイプとも呼べない、薄く軽い装備を使う人もいれば。

ある程度の「保温性」を持った600g程度の「軽いシュラフ」まで、中には新聞紙やレスキュ−シ−トの様な、緊急時・装備を積極的に使う方も、おられます。
どこまで、保温性能や使い勝手・快適性を犠牲に、重量を減らせるかを考えれば衣類のみでの「ビバ−ク」に、何を足すかの問題だけです。
写真・整理後に製作に入る予定です。