『代用・練習チムニ−・タイプ』仁川渓谷・堰堤チムニ−
凹角ル−トと呼ばれるタイプは六甲山系の岩場にも多いが
純然たる『バック&フット・タイプ』のチムニ−が、存在する岩場
は1960年〜70年代に、私の活動範囲には存在していなかった。

その後に、同じ六甲山・範囲にも充分に、このタイプが体験できる
岩場やル−トを知るのだが、初期の頃には実地体験の場が殆ど
無かったので、仁川渓谷に来れば、必ず遊び半分・練習で、この
堰堤・横に設置された『水門』の中でチムニ−登りを意識しては
幾つものパタ−ンで、将来の、こんなタイプのクライミングに備えた。
72年、当時は他のクライマ−から馬鹿にされて
いた。確かに『室内営業壁』は、おろか人工的
な設置物を登る、行為やその後のビルダリング
の言葉さえも、誰も知らなかった頃だから。

この種類の『変った事を、するクライマ−』の意識や行動を理解出来る、クライマ−は殆ど存在していなくて当然。

しかし、この頃の創意工夫の『トレ−ニング』の基礎は、その後のクライミングで役立った事は確か。
今でも、毎夏に子供達との企画で、渓から・この
堰堤・水門に来ると手軽に登って、子供達を喜ばせるのが定番。
私以外に、ここで遊んでいるクライマ−を過去
30年間で見た事は無い。
いろいろな山々・岩場でのクライミングを『夢見て』
トレ−ニングに創意工夫を加えるのは、有益だと今ならば
誰でもが、認め。そして推薦する。
体験の量と質は、頭の中の問題でもある。
『仁川渓谷の岩場』は、堡塁岩や不動岩と客観的な比例で
内容的に質も量も劣り、不足する部分が多かった為に私達
地元クライマ−は、良い工夫する機会が得られた・のかも?
ゆうに3人分の重量で引き上げに一人、苦労していた岩壁で頂上
手前の最後の「水路の様に、水が流れるチムニ−」の、突破に
この重いザックを取りに、もう一度・壁を、下って来るのが絶対に嫌
で、チムニ−内での登りながらの段階的・引き上げを行えたのも
実際に、その技術をシュミレ−ションで体験していたから、出来た事。
様々なタイプのワイド・クラックやチムニ−は、それぞれに個性的で
楽しく、そして時として厄介な課題。
個人的には、このタイプの全身を使うクライミングが、シュミレ−ション
として、せっせっと堰堤・使用で楽しんでいた頃から好きだ。
この私の自宅から近い忘れられ出した渓谷の
岩場では、過去・合計13回ものTV関係での
撮影や情報・映像に関しての利用経験があり
つい最近も、『藤原超合金』や『フットボ−ル汗』などの、いつもの関西風お笑い系・番組でも
中山筋肉くん、フットボ−ルアワ−の二人や他の関西・吉本のタレントさん達を過激にシゴキ
笑える映像を幾つもテレビで紹介して来た。

この関係のTV番組での使用は8回目。

この人工物を使用したのはTV映像では多分
初めての事だと思われる。
最近、メンテナンス用に水門上げ下げの金属
バ−部分にグリス(潤滑油)が、たっぷり散布
されているので、確保使用のスリングや用具
の一部が、洗っても落せないほどに汚れてしまった。
2006年12月16日に現場ロケで使用した時に撮影。『クイズ紳助くん』でのガイド業務
1976年 まだ『室内営業壁』が関西はおろか、日本国内では認識・理解されていなかった頃・

この頃から、側道外壁の工法で採用され出す事が増え出した『バネル方式の壁』の利用で遊び
始めたのは、新道への変更で車道下の通行車が途絶えた、とある六甲山・方面の車道・横の壁
が人目に触れずに利用できたから。

1980年代の中頃には、大阪の若い友人達は自分達の居住エリア範囲で、こういった外壁利用
のクライミング練習を頻繁に取り入れ出して、その中の幾つかは雑誌にも公表・公開されたのだが一般社会では通用しない、こういったアウトロ−的な行為は基本的には秘密にしておいた方が良かった。特に『大阪城の石垣』等を、紹介したのは間違いだと思っていた。