HANGING BELAYS
1970年代に『神戸登攀倶楽部』の、創設者である『金山氏』が考案して自作した、当時としては非常に優れた機能を有していた『シ−ト・プレ−ト』当時は、一般的に『ブランコ』と呼ばれていて、市販品には金属板タイプの国産品と、英国トロ−ル社・製品の『ネット・タイプのシ−ト』程度しか出回っていず、多くの使用者は合板を適当に切って、ロ−プ・スリングを通せる穴を空けた、自作品を使っていた頃だ。
柔軟な『樹脂系・プレ−ト』は、フイット感が良く。ル−フでのネイリング作業、特に苦しいドリリング作業時に背中に回して、体重を預けるような変則的な使用でも、他の似通った「用具」よりも、各段に使い易く、曲がるのでパッキングも楽だった。数台を、仲間から譲り受けて穂高に持ち込んだ頃。
『消防廃棄ホ−ス』から、拾って来た自動車・部品。手縫いで
何日も苦労して、重ねて自作した『テ−プ・シ−ト』に、手軽に
ドリルで穴を開けて、同行者の若い仲間の使用分まで作った
合板の『ブランコ』に、海外メ−カ−品も含めれば、これまでに
十数台の、ハンギング・ビレ−に使う用具を使って来た。
ハンギング・ビレ−が辛いほどのロング・ル−トが存在していない
理由が一つ。そして、そういった内容のル−トを開拓するクライマ−
の、存在自体が国内での活動・実践者が減少した事と、以前ほどに
は『シット・ハ−ネス』で、ぶら下がって確保していても苦痛になら
無いほどに『ハ−ネス』が良くなった。様々な理由が重なって、最近
では、この種の『ビレイ・シ−ト』の出番は少ない。

シュィナ−ド社製の『Collins Butt Bag/コリンズ・バット・バック』
は、『ジム・コリンズ』が、それまでの2点で体重を支えていたビレ−
シ−トを改良して、股の間から「ウィランス・シット・ハ−ネス・タイプ』に似た、もう1本のテ−プを追加して、安定性と臀部がシ−トから、ずれる現象を防止する機能を付け加えた物だ。

パラシュ−ト生地に似た、非常に薄いナイロン・リップストップ生地を使用していて、3本のテ−プも同様に薄く軽い、平織りタイプが使われ
ていて、たたむとズボンのポケットに収納できるほどコンパクトだった
重量も『71g』と、超軽量。ただし、生地が薄いので、ハンギング・ビレ−時に、疲れて岩場に対して横向きになって態勢を変えたりすると
薄い生地が、簡単に磨耗して、擦り切れていった。
クライミング以外にも『垂直の世界』で、様々な活動
が行なわれている現在、この種の『長時間・使用』に
適した『シ−ト&プレ−ト』は、使う人達が存在する。
特に『映像・関係者』には、利用者が多い。

一般的なクライミング系・業務とは、かなり・かけ離れた各種・特殊業務で使用するために、私は初期の
シ−ト・ベンチ・タイプの「パラ用」の、ハ−ネスを使用
しているが、携帯性は悪い。(上・写真・資料)のNF
最新の『シ−ト・プレ−ト』を、使いたいと思い始めている。
1970年代に特殊・用具を作り出していた国産『トップ』のジュラルミン・プレ−ト製の『クライミング用ブランコ』これも、市販された期間が短く、他のクライマ−が実際の岩場で、使っている場面に出会った記憶は無いが、当時としてはユニ−クで、他に比較すべき『物』が存在していなかった『クライミング・ギア』の一つ。
付属品の、組み立て伸縮バ−を、使う機会は得られなかった。何度か、表面・塗装の「色」は変えていた。

市販品、拾って来た板などで自作した『ブランコ・タイプ』の用具は、過去に10台・以上は作ったが壁に残して来た数個を除いて、他はコレクションとして保管もせずに、全て後輩や知人に譲った。現在ならば、どの地域でも「ホ−ム・センタ−」があり、この種の用具に使い易い『合板』の、入手は簡単だろう。頼めば、四辺または3箇所にスリングを通す『穴』も、空けてくれるので誰でも安価に入手が可能。
穂高岳・明神2.263m峰・南壁でのル−ト開拓で使用中の『神戸登攀倶楽部モデル』のブランコ