2008年 『夏期』〜『秋期』ガイド&技術講習会 『スケジュ−ル』
親子向きの『アウトドア情報誌』や私鉄広報や新聞・企画情報にも『六甲山・範囲』や、京阪神エリアから、比較的・短時間で遊びに行ける『新しいエリア情報』を、提供して来たので最近では個人単位を含めて、時には多人数のグル−プや、少しばかり怪しい引率ガイド?>?リ−ダ−に引き連れられて、入渓して来る人達が急激に増加。問題も起きかねない、季節も自然状況も無視して、企画の実施だけに合わせた様な内容と見える実施例も増えているようです。期間・限定、水質や気温・水温なども考慮に入れて、遊んで欲しいと思います。人の勝手な理屈・理由で自然の中で遊ぶのには、無理や危険も増加する場合があります。

私の『六甲山・企画』は例年通り、梅雨入り後の渓流内の不安要素が減少した、限定期間のみ。

6月22日の公募プランに備えて、事前準備や清掃作業に3日間を要しました。22日の企画には懇意にしている『讀賣新聞・大阪本社・写真部』の記者が1名、取材活動で同行参加の予定。先月の『クライミング講習会・堡塁岩』にも、取材で参加してくれましたが、生憎の悪天候で新聞紙面に記事を出す事は適いませんでした。今回の『渓流企画』も、晴れ間が出てくれる事を期待して実施。同日、朝日新聞の地域紙から女性・担当記者が1名、取材活動で同行・参加してくれます。

(各種メディアからの取材時には、参加者からの了解・許可を得て写真撮影・個別のインタビュ−に対応)
参加者からの了解が得られずに、新聞・雑誌類に個人情報や企画実施時の写真が出る事はありません。

通常の梅雨時期の気象条件、降雨による渓流の増水時に企画を中止、又は延期する事は少ないのでが、自然を対象とした活動ですから、急な天候の変化や予測出来る増水などを担当ガイドが判断して、企画・当日の現場でスタ−ト前、活動後に中止する場合も在り得ます。小雨程度の場合は、例年・企画を無理なく実施していますが、前日に『緊急気象情報/警報』で予測される『危険』の程度により、企画の延期や中止を決定する場合もあります。基本的には常識範囲で、ある程度の雨量・増水環境では企画・当日は指定の集合地に集まります。判断に迷った場合は、集合時間の2時間前までに、担当プロガイドの舟橋(事務所)に直接電話連絡で相談して下さい。
『クライミング講習』に、関してはレベル別・企画では降雨時のクライミング講習と言う、実践講習で対応している場合も在りますから、企画内容に関しては同じく相談で。基本的に『室内営業壁』使用のガイド企画は、私の実施プランにはありません。
グル−プ講習 貸切プランの実施も担当・冒険教育プログラムとしての企画も実施・御相談に応じます、
2008年6月24日/25日 『沢登りガイド&実践講習会』 鈴鹿『秀渓・増水時期の本格遡行・体験』
クライミング講習・参加経験者を対象としています。定位枠4名、12歳・以上・親子参加・受け入れ。18600円(前夜キャンプ宿泊&施設利用・可能)各種・専用装備ガイド・レンタル、保険込み。
2008年6月28日29日/7月6日〜21日=個人講習は平日に実施可能です『仁川渓谷』親子で参加して、楽しむのに最適・人数システム講習料金で、12名・参加から1名『4800円』で実施。詳細は直接、担当プロガイドの舟橋へ、御連絡・御相談をお寄せ下さい。期間・終了を延ばしました。水量・水質、回復しました
2008年7月5日6日『親子参加に最適な六甲山・渓流プラン』予約先着で6名以上から、ガイド整備・開拓エリアの渓流でも企画を実施します。日程・予約確定者の希望で『仁川渓谷/芦屋川の区間限定コ−ス』での、実施も可能です。意外な場所に、この時期ならば充分に水質・環境を保障できる、穴場の講習場所を御提供できます。以前に友人からの、たっての希望で情報公開してしまった『関西・山と渓谷、紙面』に、私が紹介記事を書いたコ−スの、約3倍の講習コ−スを利用しています。企画・参加者、以外には詳細情報は提供していません。
2006年/2007年に新規に発見・開拓後に『講習適地として整備』現在、講習&ガイド・プランで私が利用できる、全く新しいコ−スを今期、更に6本・追加しました。播但・北部エリアとは別の、手頃な山域にも2本、初心者向きの変化に富み、水質良好でアプロ−チの容易なコ−スを増やしています。
2008年7月22日〜24日『キャニオニング・スク−ル』ベ−ス設置の為、引越し作業中です。
個人講習&ガイドの御依頼を、お受け出来ませんので・よろしく。7月25日より一般公募・参加が可能な『体験プランに最適なキャニオニング・スク−ル』を、本格的に開始しています。

今期は7月25日から、9月25日までの期間を『キャニオニング・スク−ル』として担当ガイドは、現地に・ほぼ常駐。本格的な『キャンプ&野外料理』サポ−ト及び、完全コ−ディネ−ト御任せ下さい。

    『シャワ−・クライミング/沢登り講習会』も、同一期間の中で、お盆・期間などで実施します。

詳細に関しては、御相談・御問合わせ下さい。尚7月22日、以降から担当プロガイド舟橋への、連絡は『携帯』のみとなります、御注意下さい。ガイド事務所・固定の電話・FAX・PCメ−ルでの連絡への、返信・返答は日数が必要となり、企画参加を希望される方は、特に御注意下さい。
『各企画・参加予定の方』は、予約確定の為に『参加費用の振り込み』が必要です。指定の金融機関への入金・お振込み後には、電話による御連絡を、御願い致します。企画・参加当日の急な連絡は午前8:30までに、企画・参加者は個人でもグル−プ(代表者)でも、前日。・夕〜夜間(10:00)までに、確認と連絡の変更が無いかを確かめる為に、お電話下さい。キャンセル料金の規定は、ありませんが期日延期2回までは対応します。無断・連絡の無い突然のキャンセルには適用しません
ここに記載していない日時は、スク−ル参加可能な日です。定員枠を超える人数での企画・実施にはアシスタント増員や人数枠による日数・回数の分割や、時間の組み合わせで対応出来る場合も在るので、個別に御相談下さい。予約先着・個人から優先権ありで、参加費用の振込みにより予約『確定』となります。
(仮)予約、メ−ルや電話での、日程希望のみでは『予約確定』とは判断しません。
                『予約確定/グル−プ&家族・貸切スク−ル企画』
7月7日〜7月20日までの期間は『親子で楽しむ渓流・シャワ−クライミング講習』の最適期間

減水していた各・渓流が7月8日の降雨で、やや水量が回復しました。水質も現状の私の講習プログラムで問題はありません。平日に参加・御希望の方は、遠慮なく日時を御相談下さい。一定の参加者・人数が集まれば企画を実施できます。個別にガイド依頼を御希望の場合は、希望日に他の予約・確定者が入っていなければ、相談時に予約が受れます。講習料金とは別の『個人ガイド料金』システムで実施。

7月6日に情報が、一紙に紹介されましたが、まだ参加者・枠に余裕があります。予約・先着順・受け入れ。         『讀賣新聞の社会面に7月6日・取材時の写真が掲載されました』 
7月8日 『8歳児・参加からの親子企画』実施場所に関しては、予約確定の方達のみに通知します。
      7/7募集定員に達しました。
7月9日 『新聞社からの御依頼で、企画記事でのアドバイス』アウトドア遊びに関して?
      午後から担当者と、お会いする為に西宮に帰宅している予定です。
      午前中は神戸方面に連絡業務で出ている為、連絡が取れないかも知れません。
      御問合わせ、予約確認に関しては『携帯』の方を、ご利用下さい。
      (さて今回は、どんなタイプの記事なんでしょうか?)詳細に関しては、許可が得られたら報告します
   増水が確実な(降雨量)で、企画の最終日程まで良好なコンディションが確保できそうです。
7月9日 (増水が確実な、降雨量)明日からの企画は全て、条件が良くなりました。
7月10日『個別・講習プラン』実施が可能な日です。
7月11日『雑誌取材』の依頼で活動しているかもしれません?
      講習・依頼を優先します。
7月12日 『仁川渓谷・5歳児からの参加可能・企画』 (参加可能です)
7月13日 『仁川渓谷・5歳児からの参加可能・企画』7歳児・2名が参加決定ですので、募集枠は12名
       企画で実施します。参加者・募集中       7/8(急なキャンセルあり参加可能です)
       『日曜日の仁川渓谷での親子・沢企画としては、今夏・最後です』
       6歳〜児童が、追加・人数となった場合は定員枠・大人の参加者を減らして実施します。
       (定員枠に達しました・募集を停止しました。今期の『仁川・親子沢企画』は7/19まで)

       電話での『予約』を信じて、数家族の方達に・参加できないと、お応えしてしまいました。
       折角、御問合わせ頂いて予約を受けれなかった方には、申し訳ありませんでした。
       翌日、キャンセルがFAXで知らされて、人数枠に余裕がある事を、今・7/8に、記載できました。
          (参加家族の子供達の、年齢を各回共に可能な限り、仲良く遊べるように工夫しています)

   TV取材・撮影分の『映像・放送日』が、決定しています『詳細は、プログに記載』してあります。
    7/9 (13日の企画に地元・範囲のケ−ブルTVからの、取材・依頼の相談が入りました)

  7/10 (取材・依頼を、お受けする事になりました。リポ−タ−さん同行の取材・撮影となります)

久しぶり、まとまった降雨があり、水量は増加。水質も良くなり『講習コ−ス』のコンディションは非常に、良くなりました。普段、コンクリ−トで三面を囲まれてしまい、少しの増水で濁流となる『街中の川?排水路』しか見ていない人には、増水と聞くと恐さを感じるようですが、本当の自然に近い『川=山の中では渓・沢』は、感覚が違います。この降雨による水量の、増加は『講習プランニング』の中では、参加する子供達に、とっては一種の『恵みの雨・自然からの予期せぬプレゼント』です。安心して『企画』に、御参加ください。
         7月14日 『講習&ガイド依頼』お受けできない日です。
7月15日 『企画・準備作業』の為、講習&ガイド依頼を、お受け出来ません。15日、以降の企画に参加される方は『スク−ル・レンタル』に関しての、サイズ等の連絡を14日・午後3時までに、御願いします。
7月16日 『仁川渓谷・5歳児からの参加可能・企画』
       一般公募、あと2家族程度の参加者が、確定しましたら実施できますので、参加を希望される方
       は、
御相談ください。

       仮・予約、相談中の1家族・依頼でガイド・プランで、別コ−スで企画を実施します。

       平日・企画ですが今期の『仁川・親子の沢企画』としては、ベスト・コンディション状態なので参加
       可能ならば、ぜひ体験して欲しいと考えていましたが、講習企画の人数に達しませんでした。

       16日/18日〜に利用する『渓』の下見は、15日に行って来ました。やや例年、同時期と比較す       ると、やはり少し減水状態ですが、15日の夕から降雨でコンディションは回復します。
7月15日〜19日『平日・参加を御希望の方』相談に応じます。
(某TV局)からの、取材・撮影の御希望が寄せられていますので、企画・参加者の年齢層と人数に併せて、内容を考慮の上に、いつもの様に『企画・参加者の同意』で、取材・依頼に対応する予定です。
7月17日 前回の『入渓時に気になっていた放棄物の、回収・作業』を、一人で行なって来ました。
       梅雨も明けて、日々・水量が減り出して堆積物や散乱する、ゴミが増加して渓流内の汚れは
       ひどく、なって行くと考えられます。ビ−ル瓶などの破片が、川底の砂地に散乱していたり、場合
       に、よっては盗難・自転車などの金属物が、危険になると例年の状況から、予想されますので
       御注意下さい。同じく、今期の『芦屋川・私の開拓・整備した区間限定コ−ス』でも、登山者の利        用も急激に、増えてゴミの量も増加気味。数年前の不幸な事故者と、同じく7月初旬にも、最悪な
       状況となり得た、事故者・事故が発生しました。
7月20日 『裏六甲山での特選シャワ−・クライミング講習会』 8歳児からの参加が可能
       数少ない六甲山系での秀渓・水質良好で、変化に富む渓流を満喫できます。
       人数限定『お一人・8600円』渓流シュ−ズ・安全確保・装備フルセット・レンタル
  希望者には、他の日時での実施も可能です。個人〜グル−プ講習も行えます。要・事前相談にて実施

        (仁川渓谷での企画に参加された、方達)に、特にお薦め出来る企画です。

7/8 現在、3名(参加予約・確定)あと6名〜8名ほど、参加者を受けられます
。サポ−ト・スタッフ1名も参加予定で、参加者・人数が増えても『安全基準』は、確実に確保して企画を実施します

         最良の水質・水量で天候にも、恵まれて『写真・撮影』も、良い条件でした。
7月21日 『希望者からの依頼で7/20と、同じ裏六甲山での特選シャワ−・クライミング講習会』を実施
       今回の『講習会』が、今期の『六甲山・北摂コ−ス』を使用した、最後の企画です。

       他エリアでの『シャワ−・クライミング講習会』は、8月・一般公募・企画と9月25日までの播但・山       域などでの、事前予約による個別『ガイド・プラン』となります。

         (7/10・1グル−プ8人、貸切・予約確定で、一般公募していません)
予定されていた1グル−プ不参加で、グル−プ講習はキャンセル。仮・予約、相談者・数組の家族からの依頼に合わせて、企画を実施すべく講習場所と内容を変更中です(7/14)
次回に突然の『グル−プ予約』を、キャンセルされると各種・企画への参加を全て、お断りする事になります。

(注)7月20日21日に参加・希望の方は『レンタル装備使用』に、必要なウェスト・靴のサイズを参加・予約日
   以前に、必ず連絡・通知して下さい。

            『六甲山での親子向き、渓流・企画』の、最適期は終了しました。
      7月の『シャワ−クライミング講習会』7月22日まで実施・期間を延長しました。
          『キャニオニング・スク−ル』 7月25日から、本格開始

スケジュ−ル日程を記載していない、日時は現在・定員枠に余裕があり、スク−ルに参加して頂ける日です。(予約確定)が明記されている日は、全てスク−ル貸切日で、予約者・以外の方は参加できません。入金が連絡され、確認された時点で『先着・優先、予約確定』と、判断します。

電話、メ−ル等での申し込み時の予約は『仮予約』として、日時を確定されるのを、お待ちして連絡・相談後に参加を決定して、指定の『郵便振込みにて、参加者・人数分』を、お振込み下さい。

『キャニオニング・スク−ル』では、5歳児からの参加を受け入れていますが、5歳〜8歳児の参加者が予約されると、定員枠の人数を制限しても、大人の参加人数を減らしますので『参加者・人数』が定員枠より少なくなりますので、御了承ください。プロガイドの『安全基準』です。
         7月25日から『キャニオニング・スク−ル』を、開始しています。
         ぜひ、今夏の『親子体験』に『キャニオニング』を加えて下さい。


年々と、関西範囲の『梅雨明け時期』が早まっているように感じます。今年(2008年)の、夏の訪れも早くなったようです。7/16(梅雨明け)7月は水量豊富で、真夏日が続き『キャニオニング』条件は非常に良い、時期です。『スク−ル・ベ−ス設置後』参加・予約の確定していない、日に新しく開拓・整備中の『キャニオニング・コ−ス』と『シャワ−クライミング・コ−ス』でも、活動しています。

今シ−ズンに整備・完了する予定の『講習コ−ス』が、3本。早ければ、今シ−ズンの中盤から参加者に利用願えるかも知れません。前年の新規・開拓エリアと共に、情報は公表しません。
7月22日からの3日間で『キャニオニング・スク−ル』開始の為に、装備類の運搬・移動そして『快適なスク−ル・ベ−ス設置』作業で、ガイド&講習に関しての、全ての依頼を受けられません。
不思議な事に7/20現在で、7月25日〜29日、キャニオニング・スク−ル参加者・人数に充分な余裕が残っています。この期間が水量の多くて、スリル感を楽しめて、ベスト・コンディションが続く、良い時期なので、御問合わせ下さい。特にリピタ−の方には、御薦めです。
7月30日『キャンプ・サポ−ト』(子供達を引き受けていますので、他の参加・希望者を受けられません)
      キャニオニングに関しては、通常のスク−ル・プランを実施
7月31日『キャニオニング・スク−ル』あと3家族程度が、参加可能です。
      地域紙からの『取材・申し込み』この日に、同行・取材は、いかがですかと担当記者に提案中。
             意外と、参加者・定員に余裕がある日が、あります。
8月2日 『家族・参加の方が2組・予約確定』小学校・低学年〜5歳児・参加。
      あと2家族、5歳〜10歳の子供・参加での親子向き日程です。7/19現在
8月3日 『グル−プ予約のキャンセル』で、通常のスク−ル募集になりました。
8月7日 『数家族・参加で貸切スク−ル』6/19(予約確定)
      8名・参加で仲の良い、グル−プ参加者に向いた、貸切プログラムでスク−ル実施
      通常は大人12名・定員枠で実施していますが、個別の希望に対応しています。

      (前夜キャンプ・サポ−ト)
8月8日 『グル−プ貸し切りスク−ル』 6/18(予約確定)
      1グル−プの貸切日ですので、一般公募者を受け入れられません。現在、参加される子供達の人
      数で、前日のスケジュ−ルも利用する可能性がありますので、予備日として、7日も用意。
8月11日〜12日 『キャンプ・コ−ディネ−ト』 7/8現在、問合わせあり。
            予約・先着順で受け入れます。
8月12日 『グル−プ貸し切りスク−ル』7/4(予約確定)
       1グル−プの貸切日です。一般公募の参加者を受け入れられません。
     8月15日・16日・17日 『沢登り講習会』小学生の参加も受け入れます(父兄同伴・要必要)

『キャニオニング・スク−ル最盛期』なのですが、この時期ならではの講習コ−スの自然環境を楽しんで、体験して頂きたい為に『沢登り講習』を、実施しています。滅多に、他の登山者と出会う事も無く、プリミティブな自然を満喫できます。コ−ス内の大滝は担当プロガイドが初登・記録保持。
8月14日 『沢登り講習会』実施予定です。
       予約・申し込み者が『沢企画・希望』でしたので、7/8まで『播但方面での山域で、沢講習』と予        定していましたが、申し込み日から10日・以上、お待ちしても連絡も、参加費用の入金も無いの        で『キャニオニング・スク−ル参加・希望』の、御家族に予約・優先が移りました。
                 『キャニオニング・スク−ル』として実施します。
       
早くも『秋の親子キャンプ&本格派アウトドア・クッキング』の御希望が、数家族から寄せられています。
御薦め『サイト・キャンプ場』での、3家族までの参加人数で、例年と同じく企画を実施します。
   9月26日より『六甲山・北摂・播但、播州エリアでの親子向け野外遊び企画』開始します。

『キャニオニング・スク−ル』終了後に、各種装備を『倉庫』に移動・収納後に本格的に、秋から冬の企画として開始します。『親子キャンプ企画』と、違ってプロガイドにしか提供できない『プログラム』なので、類似した他のイベントとは企画内容に、夏の『親子シャワ−クライミング講習会』と同じ、20数年間の実施経験で得た
『野外教育的』な内容を含み、リピタ−参加の『親子』が、毎シ−ズン参加する、好評企画ですから、参加・希望の方は『夏の企画実施・期間』に、御予約・確定されるのを薦めます。

7/15より早くも『参加・申し込み予約確定』の、御家族が入り始めています。今期・最初の『秋の親子企画』
は、9月28日に実施します=あと3家族程度の参加が可能です(7/15)
7月に依頼、相談が寄せられている『メディア取材』に、関しての参加者・同意も『沢企画』と同じ条件で参加者に通知・了解を得てから実施予定です。
     『親子向け六甲山・企画』を紹介してくれた『山と渓谷』紙面の、特集記事です。
            『親子向け各種・企画』の、情報に関してのコンテンツです。

六甲山エリアと播但範囲の数コ−スは、一般的な情報が出ていますが、他のオリジナル・プランで利用する企画・実施コ−スはガイド記事や詳細な、情報は未公開なエリアが多くて、利用価値の高いコ−スです。
10月11日〜13日 『クライミング講習会 鈴鹿・御在所岳・藤内壁』

   7/6 (参加希望・予約確定で実施決定)11日は定員枠で募集を締め切り、12日と13日に御参加・願えます。参加者との相談で『関西範囲の雪彦山か、遠出して期間・追加で小川山でのガイド・プラン&講習に変更する事も可能です)詳細の決定は、9月下旬に行える予定です。
        『春から継続・実施中の親子でクライミング・エリア&ル−ト開拓・初登・講習』

10月より、再開します。新規・提供が可能な『エリア』を追加可能。記録・公表は登山『専門雑誌』に、記録として家族メンバ−で公表して下さい。『沢』の方でも、同種の講習が可能です。
                   『登山・クライミング史に家族・記録』を残せます。
(定期的な私の、クライミング技術・講習会)に、事前・参加の経験のある『親子・参加者』のみに提供しています。
『キャニオニング・スク−ル参加者・特典』 キャンプ&本格派アウトドア・クッキング体験・提供
家族単位は毎日、一家族・完全限定で受け入れ。グル−プ人数8名までが担当プロガイドからの、御薦めです
『スク−ル・ベ−ス常設・装備は自由利用』同じく、特性ステンレス製『ドラム缶・風呂』も午後の2時間を除いてキャンプ宿泊・時間内は自由に使用して貰えます。御昼寝・就寝用のメッシュ・リビングと立木に設置してある
『ハンモック』も御自由に使用して下さい。キャンプ場・使用料金を含めて『キャンプ&アウトドア・クッキング』装備使用と技術・指導に協力、含んで・1泊1名6000円で提供可能。(キャンプ場・利用料金を含みます)

                       (キャンプ宿泊での保険は適用できません)

生まれて初めてでも、キャンプ装備&専用用具を何も持っていなくても、全く問題ありません。食材・燃料、関係の消耗品の経費は別途必要です。(薪)無料で使用できる様に、集めてあります

(各種・企画&講習会・参加者/リピタ−・メンバ−)には、感謝の気持ちを込めて『キャンプ・サ−ビス費用』の割引や、特典を設けてあります。利用人数での、個別・相談にて対応しています。
7月20日から、予定では9月28日まで、情報・更新が行えなくなり、時たま情報を追加しますが、スケジュ−ル関係に関しては、直接・担当プロガイドの舟橋まで『携帯』メ−ル&電話による、お問い合わせで゜情報を、確認して下さい。私が常駐している山の中はPCが使えず、TVも無く殆ど毎日が『キャンプ生活』みたいなものです、夜はキャンプ場に鹿や狸が遊びに来てくれます。
2週間に一度ぐらいは、西宮に帰り郵便物や『PCメ−ル』を確認しています。
『キャンプ・プランニングとアウトドア・クッキング』モデル・パタ−ン
2008年7月22日 以降の『スケジュ−ル』を含めた情報を、頻繁には更新・追加記入できませんので、御問合わせ、予約・申し込み等は、直接『舟橋の携帯電話』へ、御連絡ください。

    お問い合わせの時間帯として『午前8:00〜9:20』 午後は4:00以降、夜間は10:00まで。
      日中は『キャニオニング・スク−ル実施中』電話に出られない場合が多いので、よろしく。

休養日と連絡・事務関係で移動中は、着信・番号に、こちらから電話を、かけなおします。非通知設定の場合は、着信できない場合も、ありますから・御注意下さい。

【申し込み・相談そして、予約を確約・確認】後、3日を過ぎて【参加費用の、お振込み連絡】が確認できなかった場合は【先着・入金・確認】された方に、参加の優先順位が決定します。
                 必ず、入金の御連絡を電話で直接、お伝え下さい。
自然の中で、お会いしましょう