『雪洞やイ−グル・タイプ』の、雪山でしか構築できない『ビバ−ク・シェルタ−』を、実際に利用する為に、絶対・必要な『用具』が『スノ−スコップ』で、一般的に知られている土木作業で使われている「スコップ」とは機能が違う。作業用の「スコップ」を、雪山で使う事は可能だし、大型で頑丈な『土木用スコップ』は充分に、硬い雪での作業の労力を軽減してくれる。

ただし、それらの頑丈で、掘るという目的には効率的で使い易い『スコップ』を、実際に山で使用する事は殆ど現実的な、選択とはならない。理由は分解・折畳む事が出来ず、重量的に『登山用』として、造られた物と、比較できないからだ。最も、軽量・コンパクトな「スコップ」は、ピッケルやバイル、時にはアイス・ハンマ−にも取り付けて、利用する事が可能で、ザックの「トップ・ポケット/アマブタ」にも、収納できる。この、小さな「スコップ」は緊急用として利用するタイプで、通常は『スコップ本体とシャフト(柄)が、分解』可能で、重量が700g〜1Kg・範囲の「角ばったタイプのスコップ」が使用されることが多い。
多分、海外製品「サレワ」の初期のモデルを見本にして、日本で最初に製造・販売された『小型タイプ』では最も最初の製品なのではないかと思われる。主に『アイス・アックス/ピッケル』シャフトに付けて使い易いように工夫された物としては、当時では唯一の実用に耐える『小型化された硬雪・対応シャベル』アルミ合金製品で、2個のネジ金具でシャフトやピックに、直接・取り付けて使用していた。スコップと呼ぶには、小さく掘り出せる雪の量も多くは無かったが、ビバ−ク地の整備や雪洞内の拡張・作業には使い易い大きさで、重量的にも一人で持つのには許容範囲。そして非常にコンパクトだったので、携帯・持参に苦労は無かった。

同じ様な物は、過去に2種類ほど市販品として販売されていたが、どちらも堅雪の使用で曲がってしまう粗悪品で、実用には耐えれなかった。『サレワ』の製品を見本として、製作された国産モデルもアックスのシャフトに取り付けて使用するには、問題は無かったがピックに取り付けて使うのには、取り付き部分の窪み(曲面スリット)が、浅く不安定で実際に使用するには、改造を要求された。
器用な友人が自作で数種類のアルミ板を打ち抜いて、数種類の小型スノ−・スコップを作ってくれた事があり
数個目は、かなり良い物だったが盗難の多かった80年代の中頃の赤岳鉱泉・小屋キャンプ地での企画で
2度も、テント前に置いておいた他のギア類と盗まれてしまった。

当時、ようやくプリカ−ボネィト製品のブレ−ド部を持った製品も出回り始めて、私もライフリング社・製品を最初に購入したが、強度的には使えたが初期のモデルは少しばかり柔らか過ぎて使い勝手が良いとは言えなかった。金属ブレ−ト゛の角が鋭角で硬雪を切り崩せるタイプを使用していると、、他のプラスチック系の製品には、どうしても不満が残るようだった。最近では使い勝手・強度共に満足いく製品が登場している。
シャフトの接合部や収納性に関してはBD社の最新モデルに惹かれる。
雪遊び用品レベルに見えるが、補助的な用具や予備品として充分に利用できた。
2003年から、使用している『ミゾ−/チタン製スノ−・シャベル』シャフトの固定は少し不安に感じるが、実際の使用で支障は感じない。ブロックの切り出しに適した、スコップ先端面なのだが、やはり小型タイプなので、効率は良くない。メインの大型タイプと共に使用するか、ソロや少人数での行動で軽量化を要求する場面で利用価値は高い。現在、市販されている各種モデルの中でも、さすがチタン製だけあって最軽量。金属のスノ−スコップは最近では、少なくなり出して『ミゾ−』は、少数タイプと言える。

メインのスコップとして、大量に雪を排出したり効率よく使うのにはサイズが小さいので、個人での緊急時・使用やサブ的に利用するのに適したタイプだが、私個人は今まで単独時に、この『ミゾ−』単体で何か不都合だったという覚えは無い。重量と持ち運びやすさと、使い勝手や時間は、必ずしも期待通りとはならない、どの程度で妥協するかが重要。
10年以上は使い続けている『ブラック・ダイヤモンド製品』頑丈であり、携帯性も良いが最近のモデルと比較すると、やはり収納性能と使い勝手は良くない。シャベル(スコップ)本体に採用されている、金属は見かけより丈夫だ。取り外しシステムのシャフトは、使い易いとは言えないが強度面での安心感は高い。
シャフトの補修用のテ−プを巻いているのは、誰でも行う方法だ。
高校生の頃に、初めて購入して『氷ノ山』で使い始めた『スノ−・スコップ』は鉄製のブレ−ド部分に、軽量化の為の丸い穴が空けてあり、赤い塗装が施されていてシャフトは木製。とにかく重くて、嵩張る用具だったが、硬い雪面にも充分に食い込み、ブロックの成型にも役立って使い勝手そのものは非常に良かった。シャフト部分とブレ−ドを単純なボルトで締めて固定さす方式だったのが、難点で仲間は、その肝心要のボルトを雪面に落として紛失。泣く泣く、ブレ−ドだけを手にとって雪を掘り出す作業を行なった記憶が懐かしい。

このタイプの木製シャフトの『スコップ』を確か、3本ほどサイズを変えて購入していたが、今は1本も所有していないようだ、1本は、長らく居候でお世話になっていた長野の先輩宅で除雪に使われているかも知れない。
後の2本は、いつ、どこで無くしたのかも覚えていない。
八ケ岳や五竜の雪中キャンプ時に、テントの外に置いておいて盗まれたスコップの合計は、25年間で実に4本。最近ではフライとテントの間に置く、習慣が身に付いてしまった。
(下・資料写真)1976年・穂高岳・屏風岩での中央バンド・ディレッティシマ・ル−ト2日目の『ビバ−ク』狭い、バンド帯の中で、僅かに一人分の雪洞を掘り進められる箇所を、無雪期に確認しておいたので、迷わずにビバ−ク・ポィントとして利用できた。雪洞・奥は岩壁に、付き当っているので雪洞としての強度は、不安定だが用具・装備を吊り下げるロ−プの支点は、取りやすい。同時に雪洞内での自己確保も確実。この当時は軽量な樹脂系スコップ等が、市販されていなかったので、単独での利用としては、アックス(ピッケル)に、取り付けられる、ごく小型の物しか利用できず、効率は悪かった。岩壁帯の真っ只中なので、降雪は簡単に雪洞・入口から壁に沿って、落下するので除雪の手間はないのだが、出入口は空間、足元が恐いビバ−ク地だった。
スノ−・スコップ