ガイド常駐『キャニオニング体験スク−ル』に参加される場合は『中国・自動車道』の利用が便利です。

日本国内で『最初に・キャニオニング』を、誰でも楽しめる様に『場所と環境・装備』に
『安全確保・技術』を備えて、プロガイドの責任で「スク−ル」を開始したのは、私が最初です。

   2006年〜2010年・キャニオニング体験スク−ル』  (専用保険・適用)

参加費用は、お一人様・1日、参加で貸し出し装備・用具を全て含み『1万2千円』

『キャニオニング体験スク−ル』を毎夏・実施している安富町「鹿ケ壺」には、山荘があり。

夏の期間には、バ−ベキュ-施設や家族で
気楽に利用できる、コテ−ジに食堂も利用できるので、とても便利です。

この「鹿ケ壺」山荘には、お風呂の設備もあってキャンプを楽しむ人達にも解放されていて使えますから、キャニオニング後に一汗、流す事も出来ます。裏手には「オ−ト・キャンプ場」も完備。食材などは買えませんが、昼食や、ちよっとした飲み物・程度は購入できます。

『イカロスの風・松竹芸能の、お笑い系タレントさん達が盛り上げて楽しさを紹介してくれたテレビ番組』
『イカロスの風』このテレビ番組を見てくれた
子供達が、親にキャニオニングを、してみたい
と、言ってくれて参加しに来た家族は多い。

現場ロケは゛「キャニオニング」で、二箇所。「野外料理」を行う為にもう。一箇所の場所に更に移動しての撮影でした。

「鹿ケ壺」以外の場所は、私の普段から企画で使用している近郊
手頃な「山」ですが、詳しくは紹介していません。

『夏のスク−ル実施地です』
気楽に、お訪ね下さい。
2001年の春から、関西範囲の2市町村と、四国圏の1市から、産業振興課や関係・部署、担当者から
直接。私が実施している【キャニオニング・スク−ル】の、誘致・招待を受けています。
こういった、地域からの理解や期待に、応える実績と能力を有し、活動範囲に期待を寄せられるまでに
『キャニオニング』そのものが、発展して社会認知も広がった事は、当事者として喜ばしい事です。

願わくば、後発・追随のスク−ル活動・従事者やインストラクタ−各位が、より一層の安全と楽しさを追求して、日本国内での『キャニオニング』を、より良い方向で、発展さす為に、お互いの情報や活動を日々・進化、発展させる努力の、一つとして交流を深めるべきでしょう。
キャニオニング体験スク−ル参加費用=お一人様14000円=12000円
キャンプ宿泊=必要なキャンプ装備・全て持参使用で=お一人4000円
アウトドア・クッキング含めて、全て準備・レンタル&指導・サポ−ト希望で一人・6000円(キャンプ場・使用料金、食材・燃料費・別途必要)
まずは『信頼出来る』ガイドや教室に
参加されるのが『キャニオニング』や


『シャワ−クライミング』を楽しむ為に
必要なことです。
山の中で勝手にスク−ル活動している訳ではありません。山林の所有者との関係も含めてキャニオニングに使用している渓谷・管理『許可』の担当・部署や地域の人達からの理解まで充分
に配慮して、正式な使用許可を得てスク−ルを実施しています。
日本キヤニオニング協会
クライミング専門雑誌にも紹介された。これが国内・最も初期のインフォメ−ション

2006/04/04 (火) 16:39:04

1999年より、多数のTV・新聞・雑誌、取材を受けて『キャニオニング』の知名度は一気に広まった
スク−ル参加・経験者向き『ツア−・コ−ス・ガイド』はシ−ズン・レベル別に用意されています。2010年・夏期より『シャワ−クライミング講習会』実施出来ます。
関西キャニオニング『適地』 No2
MCS国際・山岳プロガイド 舟橋 健
2006/10/13 (金) 14:29:05
Wednesday, 16 July, 2008
10年07月13日 火曜日