『ボルダリングに潜む危険に関して』
『ボルダリング』しかしない、もしくは対比的に比較される事の多い『アルパィン系クライミング』や、ロ−プ確保が基本の一般的な『ロック&アイス・クライミング』を殆ど、楽しまない。そういった人達も現在では多く、過去には冬季登攀や、アイス・クライミング、北アルプス等での日数が要求された登山・クライミングを実践していたが、今は『ボルダリング』のみに集中した時間を楽しんでいるという人達も、増加している。
どちらとか、何かとか、こと『クライミング』に関しては比較論や優越論を感情的かつ、個人的な嗜好・指向、体験から得た個人的な感覚から論じ合う事が多くて、かっては『ボルダリング』を本格的と言われる範囲の山岳環境化での『クライミング』と、短絡的に比較して無用に蔑むかの視線・発言が公に表現された時期があった。さすがに、最近では『短絡的で体験の殆ど無い、比較論』や『無知に近い好き嫌い』で、個人の楽しむクライミングを簡単に批判するようなクライマ−は、影を潜めたかに見えるが今・現在でも『ボルダリング』は安全だと公言するクライマ−は存在している。

製作中