『ボルダリング』の歴史を話題にした場合に、多くのクライマ−の意識の中には『ヨセミテ渓谷』のクライマ−の生活拠点であった『キャンプ4周辺』の、ボルダリングや初期のアメリカ本土から発信された『ジョン・ギル』に、関係する情報を思い浮かべる人が多い。地質用語の『転石・氷河の名残・モレ−ン地形の大岩=ボルダ−』を対象とした、高距や岩場のスケ−ル等から比例・比較されるパタ−ンの多いクライミング行為が『量よりも質・内容』要求される技術難度の高さに、比重や興味の対象を変えたクライミングの独立したとも、表現され出した『ボルダリング』は何も『アメリカ人』だけが、早くから活動していた訳ではない。

俗に『クラッグ』と称された、小規模な『岩場やル−ト』でクライミング・ロ−プを含んだ安全を確保する用具を用いずに『完全なフリ−・クライミング』として、一人で挑戦していたクライマ−は、かなり古くから・ボルダリングと呼ばれるジャンルのクライミングが知られ出す以前から存在していた。
現在では世界的に見て、最も最先端かつ伝統派が固持していた『クライミングに関わるモラル』や歴史の中で、尊重されていたル−ル的な概念や意識までも独自の進展経緯の中で無視したり、変更させて『フリ−・クライミング』を推し進めて来た『フランス』では、パリに近い『フォンテ−ヌプロの森中』に広範囲に、点在するボルダ−で世界的に見ても、最も早い時期に現代的な意識と活動で『ボルダリング』に集中していたクライマ−が表れていて、専用シュ−ズ一つを見ても、一般的に日本のクライマ−が知る『EB』よりも早くから、フラット・ソ−ルを採用した、、現代的な『クライミング・シュ−ズ』が使用されていた。過去の『クレッタ・タイプ』の改良品・登山靴からの発展系の靴ではなくて、あくまでフリ−・クライミングの目的だけの『クライミング専用シュ−ズ』の誕生も『フランス人』の手によるものだというのは、現在では通説となっている。
『ボルダリング』
製作・進行中